【必見!】部分痩せダイエット法【部分痩せノート】

ちょっと痛いけど、「骨気(コルギ)」で小顔マッサージしてみませんか?

こんにちは。

今回は韓国の小顔マッサージ「骨気(コルギ)」を紹介したいと思います。

韓国と言えば整形で美人、イケメンになるイメージが強いですけど、セルフケア用の美容グッズも沢山流通しています。

韓国旅行に行った友達や親戚のおばちゃんに、現地のコスメをお土産で貰ったという方も多いのではないでしょうか。

日本にも韓国式マッサージやアカスリのお店は沢山ありますし、コルギサロンも少しずつ増えているようです。

お笑いタレントの大久保佳代子さんやキンタロー。さん、美容家のIKKOさんもコルギエステで小顔になったそうですよ。

一人でも小顔マッサージが出来る!セルフコルギのやり方

やっぱり、小顔マッサージをするからには芸能人みたいにきちんとした小顔を作りたいですよね。

本格的なケアをするならエステサロンに行くのが確実ですけど、実はコルギは家でも簡単にできます。

簡単にできるセルフコルギの例を紹介しますので、一緒にやってみましょう。

頬のリフトアップをするコルギ

・頬をリフトアップするコルギ

1. 手を軽く握り、親指以外の4指の第2関節の下の骨を確認。

2. 頬骨の一番高い部分の下側に、4指の平らな部分を当てる。

3. 頬骨を押し上げるようなイメージで、力を入れて5秒間押す。これを2回行う。

引用:Beauty&Co.「小顔が手に入る!?超簡単コルギでリフトアップ」

左右のフェイスラインをきれいにするコルギ

・フェイスラインのたるみを解消するコルギ

1. 人差し指と中指をあごに当てて、それぞれの第二関節でフェイスラインの骨を挟む

2. 骨を挟んで外すのをあご先からスタートして耳の付け根まで8回で到達できるようにする。

3. 2の手順を左右両方行ったら終わり。

引用:イタ気持ちいい【セルフ骨気~コルギ~】でキュッと小顔、たるみもオフ!

この2つはセルフコルギのほんの一部ですが、骨に力を加えることで血管を刺激し、めぐりを良くする効果があります。

ずっとやっていると顔が痛くなると思いますが、痛いくらいが丁度いいらしいので、力を入れて思いっきりやってみましょう。

本格的なコルギは「痛い」!!

コルギストーンを使った顔の矯正

セルフケアでも本格的にやるとしたらコルギ専用の美顔器「コルギストーン」を使うという手もあります。

私も友達に一度借りてみて、試しに使ってみたんですけど、顔に当ててみたらこれがすごく痛かったです。

でもその痛みは肌の奥に老廃物が溜まっている原因で、そのままにしておくと肌のたるみやシワ、ほうれい線が出来てしまうそうです。

そして本場のコルギもやっぱり痛いそうですが、それもそのはず、もともと骨に圧を加えて動かすマッサージ法だったんですね。

骨を動かすことで皮膚と骨の間にある血管やリンパ管を刺激し、血行促進によって老廃物の排出を促すのがコルギの目的。

また、骨を動かすことで頭蓋骨も縮んでいくので、結果的に小顔になれる・・・と言うわけです。

なんというか、凄い力技だったんですね、コルギって。

普通のフェイシャルエステだったらもっと優しく揉んでくれるイメージなんですけど、コルギは思いっきり顔に圧を加えてデトックスするぶん即効性も高いようです。

まとめ

日本人と比べて韓国人って良くも悪くも遠慮がないというか、何事も思いっきりするイメージがあるんですが、コルギがまさにそんな感じですね。

「小顔になるんだから痛いのは我慢しなさい!」と言わんばかりの強引なマッサージなぶん、効果も強いのでしょう。

ちなみに今ではコルギにアレンジを加えて改良した「日本骨気」というものもあります。

小顔になるだけなら毎日のセルフケアで十分ですけど、全体的にキレイになりたい方はサロンに行くのも良いと思います。

本格的な施術を受ければ血行改善によって肩こりや冷え・むくみ、生理不順まで治せるようです。

それに施術前と施術後の石膏パックを取って貰えるので、自分がどれだけ小顔になったか実感もわいてくるでしょう。

トップへ戻る