【必見!】部分痩せダイエット法【部分痩せノート】

ダイエットの中で危険なのは断食!?その実態とは

今じゃダイエットの中で一番人気となる「断食ダイエット」

痩せたとの効果が得られ、有名人の方も沢山試してる様子です。

でも有名人の方々はプロの栄養士のサポートがあって成功しているので、間違ったやり方でしたら身体に及ぶ危険性が沢山あります。

断食ダイエットをするのは今すぐやめて下さい!

そもそも断食ダイエットとは?

食べずに水だけを飲むのを続けるダイエットです。

食べない事で臓器の消化と吸収の機能を休めることもできます。

デトックス効果(老廃物を排出させる)のもあって今とても人気があります。

しかし食べないことで体重が減り脂肪は消費されますが、

人間に必要な筋肉も消費されることになります。

断食ダイエットの危険性

断食ダイエットをし始めるとまず

低血糖になる可能性があります。

低血糖とは血糖が下がることです。

食べ物を食べないことで糖分をエネルギーとして活動します。

とは言え、この糖分は半日ほどもたないから

身体は糖分が足りなくなり低血糖になる可能性があるのです。

食べ物を食べないので栄養不足により脱力感、冷や汗やめまい、たちくらみなどの貧血を起こすこともあります。

外見にも症状が現れ、皮膚がかさかさになり抜け毛などの原因にもなります。

身体にもストレスが及ぶので胃腸が弱くなる可能性もあります。

自律神経や中枢神経にも影響がでます。

断食ダイエットを続けると数日間は痩せたが、その後リバウンドする事もあります。

断食→過食を繰り返す可能性が高いのです。

厳重注意

塩分が不足することから不整脈(心拍数やリズムが一定ではない状態)を引き起こす可能性もあります。

不整脈がおこった場合は運動などは絶対に避けてください。

そして低血糖が進むと昏睡状態(外部からの刺激に反応しない状態)になるかもしれないので断食ダイエットは絶対にやめましょう!!!

トップへ戻る