【必見!】部分痩せダイエット法【部分痩せノート】

今話題の「ガゼリ菌ヨーグルト」でお腹痩せできる?

ダイエットに〇〇菌がいい、腸内フローラを改善するとダイエットできる・・・などなど、テレビの健康特集やCMで「菌」がよく話題になっていますよね。

菌のダイエットと言えば、「ヨーグルトの乳酸菌で便秘を解消して痩せやすくなる」と誰でも聞いたことがあるのではないでしょうか。

最近はヨーグルトから摂れる菌でも「ガセリ菌」が話題を集めています。

ガセリ菌ヨーグルトでお腹の部分痩せ

森永メグミルクの「ガセリ菌SP株ヨーグルト」なんかは向井理さんが出演するCMですっかり有名になりましたよね。

今回はガセリ菌がどんなものなのか、なぜダイエットに有効なのかを説明します。

ガセリ菌って何?

ガセリ菌は乳酸菌の一種で、日本人の腸から検出されました。

乳酸菌はほとんどの場合、食べ物やサプリメントを通じて、口から腸に吸収されます。

乳酸菌はこの過程で消化液(胃液など)で死んでしまうことが多いです。

健康食品の宣伝で、よく「生きたままの乳酸菌が腸に届く」なんて言いますけど、これは消化液に強いことをアピールしていたのです。

しかし、生きたまま腸に到達できても便と一緒に排出されてしまうことも少なくありません。

ほとんどの乳酸菌が出番をすぐに終えてしまう中でも、ガセリ菌は生きたまま腸に留まる力を持っています。

乳酸菌が腸に長く住み続けるとそのぶん腸内環境が改善される時間も伸びるので、便秘の改善に期待できます。

そして、便秘が解消されるとそのぶん臓器への負担が減り、脂肪の代謝に使うエネルギーをより多く配分できるようになります。

ヨーグルトのラベルに書いてある「ガセリ菌SP株」って何?

雪印メグミルクのガセリ菌ヨーグルトに含まれている「ガセリ菌SP株」は主に小腸に生息します。

小腸には食べ物の栄養や脂質を吸収する働きがあるので、、脂っこいものを食べれば太るのは当たり前ですよね。

しかし、ガセリ菌SP株には脂質吸収を抑える働きがあることが研究で明らかになりました。

ガセリ菌ヨーグルトで便と一緒に脂肪が排出される

引用:雪印メグミルク「ヒト試験でガセリ菌SP株による脂質排出作用を確認」

ガセリ菌SP株ありのヨーグルトを食べた前と後を比べると、糞便中に含まれる脂質の量が増えていたのです。

ちょっと恥ずかしい話になりますが、ガセリ菌SP株にはいらない脂を便といっしょに出してくれる働きがあるということですね。

また、お腹の内臓脂肪を減らすのもガセリ菌SP株が有効なようです。

肥満傾向で20歳以上65歳未満の成人男女52名にガセリ菌SP株入りのヨーグルトを1日1個食べさせた結果、お腹の内臓脂肪の面積が12週間で約6㎠縮んだとの報告もありました。

ガセリ菌ヨーグルトでウエストが縮む!?

引用:森永メグミルク「恵」公式サイト「機能性表示食品」

もちろん人によって個人差はあると思いますが、ヨーグルトを食べるだけでダイエット効果に期待できるなら手軽に試せて良いと思います。

トイレに行くのも誰にでも出来る簡単なデトックスなので、さらに効率よく脂を出せるのは嬉しいですね。

ガセリ菌SP株ヨーグルトを買う時の注意点

雪印メグミルクのガセリ菌ヨーグルトの種類

雪印メグミルクの「恵」シリーズにはガセリ菌SP株とビフィズス菌SP株が両方入っているものと、どちらか片方だけのものがあります。

大きい400mgサイズかフルーツヨーグルトの「ナチュレ恵」シリーズには両方入っていますが、「恵」シリーズにはガセリ菌SP株しか入っていません。

ガセリ菌は小腸、ビフィズス菌は大腸と担当が違うので、腸の働きをまとめて改善したいなら「ナチュレ恵」の方が良いですね。

しかし、ガセリ菌の量だけで言えば「恵」のほうがずっと多いので、悩ましいところです。

さらに「ナチュレ恵」には食べやすいフルーツヨーグルト版のミニパック、「恵」にはアロエ入り、豆乳仕立て、ドリンク版と、バリエーションが豊富でどれにしようか迷ってしまいますよね。

どの種類がどのシリーズに分類されるのか分かりにくいですが、成分が違うとなると適当に選ぶわけにはいきません。

まあ結局は自分が一番食べやすいものを続けるのが一番なんですけど、それにしてもきちんと痩せられるものを選びたいものです。

まとめ

結論から言うと、ガセリ菌でお腹痩せは出来ます。

実際、ガセリ菌SP株ヨーグルトを毎日1個ずつ食べ続けるだけでも、12週間で約6㎠縮んだという結果が出ました。

手軽な方法で無理せず痩せられるのはダイエットにとってとても大切です。

ヨーグルトならおやつとして食べられるので、長続きしやすいでしょう。

幸い、味のバリエーションが沢山あるので、ローテーションを組めば飽きにくいと思います。

万が一お腹が引っ込まなくても、せめてお通じが良くなると良いですね。

トップへ戻る