【必見!】部分痩せダイエット法【部分痩せノート】

お腹とお尻の同時痩せに「骨盤ガードル」は効く?効かない?

お腹痩せとヒップアップに有効な骨盤ガードル

サンテラボの「骨盤ガードル」は8年以上にわたってお腹やお尻の部分痩せに効く補正下着です。

かなりのロングセラー商品で、2010年から2013年までは楽天のインナージャンルランキング年間1位を独占していました。

14,15年には2位、16年には盛りブラに負けて3位まで落ち込んでしまいましたが、それでも下半身のインナーとしてはトップを維持しています。

でも正直、「骨盤ガードル」ってなんだかおばさん臭いというか、ちょっと可愛げのないネーミングのように感じないでしょうか。

私もそう思って敬遠していたんですが、むしろ20代から骨盤矯正をしておいたほうが絶対いいです。

骨盤ガードルは20代から使っていい

デスクワークが多くてつい猫背になったり、背筋を立たそうとしても傾いてしまう人は骨盤が歪んでいる可能性大。

骨盤が歪んでいると腰回りの筋肉が固まって血行が悪くなり、冷えやむくみやカサカサ肌の原因になります。

そして何より、太りやすい体質になるのも骨盤のゆがみの仕業です。

姿勢が悪いとぽっこりお腹に!

部分痩せでお腹のポッコリを卒業したい女子にとって骨盤のゆがみは最大の敵と言っても良いでしょう。

さらに、30代を迎えるとだんだん体の代謝が落ちてぜい肉が余計に落ちにくくなり、お尻の筋肉も段々衰えて垂れてしまいます。

対処が遅れるほど部分痩せするのが難しくなるので、早いうちになんとか手を置きたいところ。

そこで便利なのがこれ、骨盤ガードルなんですね。

骨盤ガードルはどんな風にサポートしてくれるの?

骨盤ガードルの基本的な仕組みは補正ブラに似ています。

補正ブラがワキ肉を集めてバストを大きくするように、骨盤ガードルも太もものお肉をヒップまで持ち上げて上向きのヒップを作ってくれます。

姿勢が悪いとぽっこりお腹に!

人間の体のお肉には「動かした位置に落ち着いていく習性」があります。

つまり、バストもヒップもいらない場所からお肉を集めて形を整えるのが一番なんです。

楽天のインナー部門の首位に補正下着が並んでいるのも、みんながこの習性を利用しているからでしょう。

もちろん骨盤周りやポッコリお腹も引き締めてくれるので、着ているうちにボディラインが自然に修正されていくのが「骨盤ガードル」の強みと言えます。

カラーはブラック以外にもブロッサム(桜色)、インディゴなど8色のバリエーションがあるので、複数買って気分で色を変えるのも良いと思います。

中でもレッドは2016年限定カラーなので、今のうちに抑えておかないともう手に入らないかもしれません。

そして、骨盤ガードルのサイズを選ぶ時は必ず自分のサイズに合ったものを選ぶようにしてください。

見栄を張ってキツいものを付けていると内臓下垂の原因になるので、痩せるより先に体調を崩してしまいます。

蒸れやかぶれに注意

サンテラボの骨盤ガードルにデメリットがあるとしたら、素材がナイロンなので蒸れやすいところが心配です。

これがシルクやコットンのような素材だったら通気性が良く、熱を逃がしやすいんですが、化学繊維だと熱がこもりがちです。

しかもナプキンやストッキングを重ねるとますます熱の逃げ場がありません。

下半身に熱が集中すると陰部、デリケートゾーンやヒップの蒸れやかぶれ、「すそわきが」のような臭いの原因になってしまいます。

日ごろからデリケートゾーンががかゆくなりやすい人は特に注意が必要です。

そのため、骨盤ガードルを履く時はあらかじめデリケートゾーン用の石鹸で洗っておいた方が安心できるでしょう。

こまめな保湿ケアで肌を休ませたり、ナプキンをいつもより多めに取り換えるなどして清潔さをキープしておくのも大事です。

そして気を付けたいのが、デリケートゾーンがかゆいからといって掻いてしまうこと。

デリケートゾーンは皮膚が薄いため、強い摩擦を受けるとすぐに黒ずんでしまいます。

水着を着こなすために骨盤ガードルでヒップラインをキレイにしても、前から見たらビキニラインが黒ずんでいて…なんてことになったら最悪ですよね。

骨盤ガードルは体型の改善や維持には非常に期待できますが、使う前にまず肌トラブル対策を立てたほうが良さそうです。

girdle

トップへ戻る